11の運勢リズム(命~親)【27宿の説明】

宿曜では運気を安・壊・栄・親・友・衰・危・成・業・胎・命11個の漢字を使って表し、それらの運気は月の運行とあわせて1日ごとに巡っていきます。
まず自分の本命宿にあたる宿に月が位置する日が「命」です。そこから始め下記の順番になります。

命→栄→衰→安→危→成→壊→友→親(活動期)
→業→栄→衰→安→危→成→壊→(魔のウイーク)
友→親→胎→栄→衰→安→危→成→壊→友→親(転換期)

27日間で命・業・胎は1度しかないのに対し、栄・衰・安・危・成・壊・友・親は3度巡ってきます。

六害宿の算出

六害宿は凌犯期間中にのみ発生する凶日です。凌犯期間外では気に留める必要はありません。
六害宿を求めるには、占星盤上の命の位置に自分の宿を合わせ、そこから反時計回りの位置を基準に算出します。
克宿であれば12番目なので破壊の週の安の日でもあります。凌犯期間に破壊の週の安の日が重なったら克宿になる、とも考えられます。
以下の昴宿の占星盤の例で確認しましょう。

  • 命宿(本命宿:躍動の週 命の日)
  • 意宿(3番目:躍動の週 安の日)
  • 事宿(9番目:破壊の週 業の日)
  • 克宿(12番目:破壊の週 安の日)
  • 聚宿(15番目:破壊の週 壊の日)
  • 同宿(19番目:再生の週 栄の日)

「命」の日

ツインソウルとも呼ばれる「命」の関係は強い絆を生み出します。

吉凶関係なし、28年間の転換期、生れ直す、原点回帰、現生の因縁、ターニングポイント、運命的な出会い、プライベート、不安定、疑問

状況を判断する能力が低下する月です。
新しいことを始めるより、現状を見直す努力が必要です。
何かの選択を迫られても焦って結論を出さないで、じっくり考えることが必要です。
目先の事だけでなく長いスパンで物事を考えましょう。
流れを変えようとしても、うまくいかない可能性が高いので、現状維持を心がけてください。
大きな欲を抱かない事です。

命の日

『活動期現世のサイクル」の最初の日。自分の我が強く出やすい日です。判断力が鈍っているので、お金に関すること、人間関係は特に注意が必要です。この日に何かを始めたり、決断したことは後に大きな影響を及ぼすので、悔やむことがないように、何事も慎重に考えて答えを導き出しましょう。アクシデントが生じて、やみくもに動かず一旦立ち止まって考えます。ハイヤーセルフに意識を向ければ、今、起こっている出来事の本当の意味が理解でき、意外な発見を得られるかも。

「命」の相手は自分と同じような特徴を持っていますが、それは長所や短所も同じということができます。
そのため相手が考えていることが分かってしまったり、相手の短所を見て自己嫌悪のような感情に陥ってしまったりということも考えられます。そのため単に仲良くなるということだけでなく、嫌悪感を持ってしまうことも。
また、悪い面や欠点同士がぶつかってしまうと、ケンカになるだけでなく、必要以上にトラブルが大きくなり精神的に消耗してしまうことも考えられます。
これが他の相性であれば、離れてしまうことも可能ですが「命」は強い運命で結ばれた相手。離れたくても離れられないという可能性も生まれてしまいます。

「命」の関係にある相手とは不思議とひかれあってしまうもの。そのため、一目惚れや、出会った途端に恋に落ちてしまうことも少なくありません。
もし相手と恋愛関係になった場合、非常に熱烈な恋愛になることでしょう。すでに相手に恋人がいたり、パートナーがいたりという場合でも、それを乗り越え、どんなことがあっても一緒になろうとするのが「命」の恋愛関係の特徴です。
その上、「命」は同じ性質を持った人間同士。考え方や価値観、好き嫌いなどにも共通することが多いため、お互いの考えていることが手に取るように分かるため、ソウルメイトやツインソウルのような感情を持つかもしれません。
ただし、気を付けなければならないことは、短所や欠点も同じだということ。
他の関係であれば「他人だから仕方がない」とあきらめることもできますが、「命」の場合には鏡を見ているような気分になって、相手に複雑な感情を抱いてしまうこともあります。

「命」同士の結婚は、上手く行くこともありますが、逆に泥沼の離婚になってしまうこともあります。
もし二人とも温和で平和的な性格であれば、結婚生活にも問題はありません。お互いの気持ちがよく分かるため、相手の不得意な部分を補い合ったり、困っているときには助け合ったりと、理想的な夫婦関係を築くことができるでしょう。
問題は、双方の性格が気が強く、主張も激しい場合。こういった人たちが結婚すると、ことあるごとに衝突してしまいます。さらにお互いの意見に耳を貸さないときには言い合いがエスカレート、必要以上に激しいケンカとなってしまう可能性があります。
さらに、離婚しようとしても「命」の関係は非常に結びつきが強いため、円満に離婚することは非常に困難。
お互いに傷付けあってしまいながらも別れることができないなど、非常に不幸な関係になってしまうことも考えられます。

【宿曜占星術:凌犯期間の命は、最も凶の作用が強い日】
・宿曜占星術の凌犯期間(七曜凌逼)の命は、散財や借金などの金運にまつわる運気が大きく下がる、最凶の日。
・おすすめの過ごし方:なるべく人と会わないようにし、買い物などお金にまつわることもせず過ごした方がいい。
・注意が必要な事:投資や買い物などは絶対に避ける。健康も崩しやすいので、暴飲暴食は避けたほうがいい。

「業」の日 仕事

過去にフィードバック、カルマ、前世の因果、ターニングポイント、義理、役割、因果応報、オフィシャル(公式)、仕事運吉、過去の整理、能力アップ、課題、過剰責務、組織、役割、大役、運命的な出来事

28年に一度訪れる「業」の年は、「前世のターニングポイント」となります。「業」とは過去「カルマ」という意味があるので、過去を振り返りましょう。「私はどこから来たのか」といった、過去世からの繋がりを思い出すことに。インド思想における「輪廻転生」のように過去から学ぶことが多く、その引き継がれたカルマが歴然と現れる年となるでしょう。今までの過去世のことも含めて、「自分の花は自分で蒔いたタネから咲く」ということを思い知らされることも。「業」とは因果応報という意味もあるので、重圧を感じることが起こっても、それは、過去世からの因果と心得て、その試練を逃げずに立ち向かいましょう。

業の月
予測不可能な出来事が多く、スケジュールに追われる多忙な時期です。忙しさに負けて、大事なことを先延ばしにするのはご法度。リズムに乗れない状況に落ちいっても、バイタリティーを発揮して最後までやり遂げることが大事。この時期つかんだチャンスが将来の飛躍につながることも多いので、チャレンジ精神を持つこと。初心の気持ちに立ち返り、大地とグラウンディングするイメージを大切に。そしてエネルギーの充電をさせてから、地に足をつけて次の大きな課題に取り組みましょう。

「積極的に行動を起こしてもよい日です
魔のウィーク 前世のサイクル」の最初の日。とりわけ仕事運は良好ですが、それ以外は凶となります。あなたのカルマが色濃く露呈され、前世での因縁が生じやすく、宿命的なことが必然的に廻ってくる日です。何かと予断が許せない日。堆積した案件を一気に片付ければ、この後に続く魔のウィークの働きが軽減されるでしょう。

業の日(魔のウイーク時)

見えない敵があなたの足を引っ張ろうと、スキをうかがっています。
誰かのせいで楽しみが延期になったり、災いを被られたときは、それは、いつかあなたが犯した過ちへの戒めと心得てください。
魔のウィーク「業」の日は、過去の過ちに対して目を背けずに、自分自身と向き合うことで、人格に深みが加わり、苦難に負けないあなたへと成長できるでしょう。 
自分の良心に従って最善を尽くせば、災いは自然に逃げていきます。
精神と肉体、そして魂のバランスを取ることも大事。
小さなことから重大なことまで統合させる努力と、固定観念を取り払って、ものの見方を変えてみることで運気はアップします。
人を非難すれば自分も同じ立場に陥る結果となります。
人を非難する前に「自分が今なすべきことは何か」、「目標を達成させるための必要な手だては何か」と自問自答するように心がけてください。

「業」の日はコンプレックスやトラウマなど、過去に受けた心の傷に悩まされることも多く、さまざまな迷いや煩悩が原因で、現実から逃げ出したくなる日です。
 その反面、あなたが培ったものから大輪の花を咲かせる暗示もあるので、何事も諦めずに前進することが大切です。
 「業」の日は正念場であり、頑張れば実績と信頼に直結します。
仕事面は苦労困憊するケースが多く、質や量、責任など重い業務を任されますが、働きに見合ったポストや収入がついてくるのは、ほぼ確実です。
 「乗り越えられない困難や試練などはない」と信じて行動することが何よりも大切です。
 できるかできないかはやってみないと分からないもの。
考え込んでいないで、まずは実行しましょう。
 恋愛面は、自愛の心がないと人を愛することもできない、ということを思い知らされる出来事があります。
 あなたがしてもらいたいことは、きっと相手もしてもらいたいこと、ということを心得てください。

【宿曜占星術:凌犯期間の業は、前世の力を宿せる大吉日】
・宿曜占星術の凌犯期間(七曜凌逼)の業は、前世の力が強まる分、自身の実力は思うように発揮できなくなることも。
・おすすめの過ごし方:小さなチャンスを逃さないよう、アンテナを張るようにする。危険には近づかない。
・注意が必要な事:仕事のトラブルが起きやすい日でもあるため、対処を誤ると地位や名誉を失いかねない。

「胎」の日

未来の青写真、来世の因果、ターニングポイント、家族、将来、やや不安定、環境、状況の変化、具現化、基盤強化、長期的な計画、リニューアル運命的な出来事

28年に一度訪れる「胎」の年は、「来世のターニングポイント」となります。「胎」とは未来のビジョンという意味があるので、自分の将来をビジュアライズするのに最適です。「私はどこへ向かっているのか」という気持ちに駆られることが多くあるでしょう。未来のゲートを開き、感覚や心の反応に目を向けましょう。ハイヤーセルフに意識を向けて聴いてみれば、大きなヒントが得られ次なるステージに向かう道筋を得ることに。

胎の月
この世のすべては一つの塊なんだと自覚し、未来の自分を思い描きましょう。
目標の仕切り直しに適している月です。
目の前のことを無理に変えようとするのではなく、物事を冷静な目で判断し受け止めることです。
目的をもたずに、ふらふらとさまよってしまうと思いもよらぬことに遭遇してしまいます。
感覚を研ぎ澄まし、新たな世界を開くイメージで未来を創造しましょう。
そうすれば自己感覚力が高まり、視野が広がります。
そして、教養を身につけることに意識を集中すれば、やがて開運へと導かれていきます。

胎の日

運気が不安定なため、慎重に過ごしたほうがよいでしょう
「転換期 来世のサイクル」の3日目の日、未来に関わる運命的な出来事が多い日です。運気は不安定ですが、新しい目標を掲げることは吉となります。ガイドの言葉に耳を傾けて、未来の夢やビジョンを思い描きましょう。自分の進むべき道に向かって準備を怠らないことが大事。「命」の日と同じく因縁が生じやすく、あとで大きな意味を持つことになるので慎重な行動を心がけて。
この日の運気は非常に因縁深いものとなります。この日は、あなたが汚名を着せられる日であり、言い訳ができないような事件が起こります。
毎回、起こるとは限りませんが、いずれにしても慎重を期さねばならない日です。ツケを払わされる運気
新しいことに夢中になりやすい日。
・愛情面は意中の人と何か始めてみましょう。
・仕事面はアイデアや新しい発想に恵まれるが大胆な行動は避けたほうが得策です。
・健康面は不調。栄養補給やリフレッシュを心がけてください。

【宿曜占星術:凌犯期間の胎は、不安を覚える日】
・宿曜占星術の凌犯期間(七曜凌逼)の胎は、不安定さを覚え、危うさを感じる日。大事な決断には向かない。
・おすすめの過ごし方:自分が立てている行動の計画などについて見直しをする時間を作るとよい。
・注意が必要な事:何ごとも焦って進めようとしたり、慌てて決定すると、後になって必ず後悔することになる。

「栄」の日 恋愛・仕事

繁栄、栄冠、上昇気流、飛躍、昇進、閃き、頭角、確立、世界的規模、結婚運上昇、創造性、潜在能力、グレードアップ、冒険的な行動、花開き繁栄、

仕事からプライベートまですべてにおいて大吉の年です。そして、結婚運が最も上昇する年に。留学・独立など人生の岐路となる決定や思い切った行動が飛躍に繋がるでしょう。勢いのある時期なので、冒険的に行動すれば予想以上のチャンスが舞い込むでしょう。モチベーションが上がる時期なので、ラッキーな事が重なります

栄の月
すべてにおいて運気が上昇しているので、新しいことを始めるには最適な月です。
結婚を考えている人はこの時期に決断をしましょう。
プライベートからオフィシャルな場面までチャンス到来の月です。
以前からやりたかったことや新たなチャレンジをしかけることで可能性が開け、明るい未来へと導かれます。
勢いのある時期なので絶妙のタイミングでベストチャンスがやってきます。

栄の日
新しいことを始める日として向いています
吉祥をもたらす日。仕事・恋愛・結婚運ともに上昇。運気が確実にレベルアップする日であり積極的な行動がカギとなります。
何かを生み出す力に恵まれた日なので、躊躇せず大胆に動き果敢にチャレンジすることであなたの生き方の幅が拡大していくでしょう。そして、ワクワクすることに夢中になれば運が味方をしてくれる日です。
※但し、魔のウィーク「栄」の日は、よからぬことが栄える危険性があるので注意が必要。

【宿曜占星術:凌犯期間の栄は、ポジティブさが鍵になる日】
宿曜占星術の凌犯期間(七曜凌逼)の栄はなんでも順調に動くので、愛情面も積極的に出ていい幸運期。嬉しい出会いや思いとおりの進展など自分のペースで進められる。
おすすめの過ごし方:仕事運はよいとされる日。前向きな姿勢で取り組むとよい。
注意が必要な事:後悔をしたり、過去のことに囚われていると運気が引きずられてしまい、チャンスが手元から零れていく。

「衰」の日 恋愛×

哀弱、衰退、健康金運下降、失望、陰鬱、停滞、無気力、暗礁、フリーズ、虚しさ、迷い、不安、閉塞感、決別、失恋、感傷的、疑心暗鬼、疎外感、一時停止、静観、センチメンタル、見通しが悪い、充電期間、金に関わる変更

衰の年

体力と気力が衰退傾向なので新しいことを始めるのは不向きです。金運・健康運が下降ぎみ。前途多難な運気なので、葛藤や苦難の「渦中の人」になり、悩みが絶えないでしょう。無用なブロックを外して、好きなモノや趣味に集中することが運気の充電にもなり、習い事は学びのときと心得てレッスンやスクール通いを始める最適な年です。

衰の月
体力と気力が衰退傾向なので新しいことを始めるのは不向きです。金運・健康運が下降ぎみ。前途多難な運気なので、葛藤や苦難の「渦中の人」になり、悩みが絶えないでしょう。無用なブロックを外して、好きなモノや趣味に集中することが運気の充電にもなり、習い事は学びのときと心得てレッスンやスクール通いを始める最適な年です

身体の抵抗力や免疫力が弱っている時期なので、体調不良に悩まされることが多く、想定外のことが勃発して予定が大幅に狂ってしまうなど、八方塞がりになってしまうこともしばしば起こります。
そんなときは、金銭感覚を養い生活面のたて直しに力を注ぐことが大事です。
また、ストイックにならないでマインドを解放し、自分を優しくホールドすることが大切です。

哀の日
体調を崩しやすく、物事を始めるには向いていません
健康運・金運が下降となり、自暴自棄や不信感といったネガティブな思考に陥りやすい日です。物事のスタートには不向きで、進もうとすると見えない何かに邪魔立てされてしまうような、魔が入り込んだり、魔が差すようなことが起こります。人間関係や金銭トラブルに注意が必要です。災難回避として、結果や見返りを期待せずに身の周りの整理整頓や次の計画の準備など調整力を働かせましょう。
※但し、魔のウィーク「衰」の日は本来凶運がさらに増幅する可能性があるので注意が必要。

【宿曜占星術:凌犯期間の衰は、エネルギーが落ち込む日】
・宿曜占星術の凌犯期間(七曜凌逼)の衰は、何をするにも元気が出ない日。
・おすすめの過ごし方:休息をとり、心身の回復をはかるとよい。無理に活動をしないほうが吉。
・注意が必要な事:無理を押して仕事をしたりすると、いいことにならない。ほどほどに働くこと。

「安」の日 金運

金運上昇・安定・移動・転職・定着・引っ越し・投資・旅行・留学・取り換え・変更・マンネリ・購入・安住・きづき・助け舟・偶然の出来事・貯金プラン変更・金に関わる変更

心身共に安定の年であり伸び伸びと自由に過ごせる運気。金運・移動運・レジャー運が吉。人生の拠店や基盤作りのための、家や土地の物件、車や家電などの出費は開運へと導かれます。いろいろな場所に出かけて見聞を広めるなど、興味をもったことは即行動に移すこと。自分の欲求に素直に従うことで、探していた何かが見つかるかもしれません。またこの時期に没頭したことは、将来必ず役に立つので、知識欲を旺盛に働かせましょう。

安の月
金運・旅行運も上昇月です。
見聞を広めるため、観光スポットに出かけたり、スポーツで汗を流すなど、レジャーの充実も最適です。
また、「移動」が幸運を呼ぶキーワードとなるので、引っ越しも吉です。
心が安定する穏やかな月なので、天体観測や月光浴など、そんなイベントを通して宇宙に意識を向ければ天からのエネルギーを受け取ることができます。
テコ入れしたい問題がある場合は、外部に援助を求めれば思い通りにコトが進みます。
自然の流れに身を委ねることで運気も上昇します。

安の日
平穏に過ごせます
変化があっても安定する日のため、引っ越しなどにも向いています
何かに守られているような日です。旅行・移動・引越し・金運は大吉。安定・定着がキーワードなので、移転届や相続関連の話し合いにも最適な日です。お金を動かすには最適な日なので預貯金や保険関連のプラン変更も吉。心も身体も安定しているので潜在能力や直感力が冴えわたり、自然体で自分の能力を発揮することができるでしょう。また、散歩やサイクリング、ドライブといった移動にかかわるアクションは、すべて開運に導かれます。ゆったりと情緒的に「安」の日を楽しみましょう。
※但し、魔のウィーク「安」の日は、不安や不安定が凶運となるので、移動やお金に関しては注意が必要。

【宿曜占星術:凌犯期間の安は、気持ちは満たされるが予想外のトラブルが起きうる日】
・宿曜占星術の凌犯期間(七曜凌逼)の安は、基本的に安定した運気で、充実感を味わえるのだが、ときに想像もできないような厄介ごとが身に降りかかる日。
・おすすめの過ごし方:新たなことをはじめたり、遠出をするのにも向いている。
・注意が必要な事:常にトラブルが起きる可能性を考え、心の準備をしておくこと。

「危」の日

吉凶混合、社交、危険、対立、権力者と民衆の対立上昇、リスク、刺激、価値観が違う、二者択一、想定外、緊張、騒がしい、仲間割れ、怪我、事故、本能的、露見、浮気、誤解、衝動的、享楽、色難、誘惑、(危が二つ重なると注意)

取り分け仕事運・社交運は吉。刺激に満ち溢れたエキサイティングな年です。本業とは別のビジネスや活動に興味をいだくことが増えますが、機転が利く時期なので両立は可能でしょう。図に乗りすぎると失態を招くこともあるので、自分なりに歯止めをかける努力を。活躍の場が増えても謙虚な態度を心がけること。何かと危うい運気ですが、ハイリスクの案件でもハイリターンで返ってきます。仕事関連の人たちに感謝を込めて「ありがとうの言霊」を送りましょう。そうすれば、新しい理解者との出会いがあり社交運は上昇傾向へ。

危の月
吉凶混合の月運です。
仕事運・社交運は上昇の時期なので、頂点を絞って努力をすれば結果がついてきて脚光を浴びる機会が増えるでしょう。
ただし、安易な考えで物事を進めるとトラブルを招くので、よくコミュニケーションを図り、誤解を招くような言動は慎みましょう。
そして、自分が間違った見解をしているな、と気づいたら直ぐに軌道修正が必要です。
なりふり構わず踏み切った行動は避け、リスク発生時は注意深く受け止め、素早い行動や対応の問題解決が必要なときです。

危の日
危険が伴う日のため、気を付けて行動しましょう
吉にも凶にもなる混合の日です。とくに仕事運は吉ですが、それ以外は注意が必要。色ごとのトラブルや、突発的なアクシデントも多く事故やケガに注意が必要です。また、人ともぶつかりやすく、口論も多く誤解も生じやすい場面に遭遇するでしょう。本能のおもむくまま直感力に頼りすぎず、言動や行動を正して、感情をコントロールすることが大切です。
※但し、魔のウィーク「危」の日は、危険が増す凶運となるので予断を許さずに行動しましょう。

【宿曜占星術:凌犯期間の危は、静かだがよい方向に向かない日】
・宿曜占星術の凌犯期間(七曜凌逼)の危は、特別に悪いことが起きるわけでもないが、運が味方をしてくれない日。
・おすすめの過ごし方:何をするにもいい方向に向かうことはなく、後になって苦境に立つ。ルーチンを淡々とこなすとよい。
・注意が必要な事:新しい決断など、何かをはじめるには向かない日。

「成」の日 仕事

学業・仕事運上昇・成功・成就・始動・リベンジ・一発奮起・好条件・成果・手柄・判断力・勝負・改革・苦手分野・手柄・現状打破・進展・好条件・資格取得・再生・契約・交渉・進学・才能開花・復活愛

成果や結果を出せる年です。努力が実り、何かを始めることに適している時期。学業・仕事運が上昇するので、情報の収集をしながら、知識の引き出しを増やし、一歩先を目指す高度なスキル、ライセンスの認定取得などすべて吉。アクシデントに奔放される暗示もありますが、リスクを恐れずにチャレンジする精神が大事。成功するイメージを思い描くことで運気はさらに上昇ムードに入ります。そして、起死回生を狙えばモチベーションがアップし、創造的で飛躍的な活躍が期待できるでしょう。

成の月
仕事・勉学・研究・趣味に意識を向ければ成功へ導かれる月です。
何事も計画通りに進み、自分の視野や世界観が大きく広がります。
この月に、起業したり、サークルを結成したり、新しい何かのスタートやチャレンジをすれば実利的な良い方向へ進展します。
また、浮かんだアイデアを現実的に落とし込むことで、予想以上の結果を手にすることもできます。
困難なことでも前向きにとらえれば、飛躍的な展開が見えてきます

成の日
物事を始めるのに向いています
特に勉学にかかわることを始めるのに適しています
仕事・才能運は上昇し、成功へと導かれる運気です。会社の設立や契約ごとなど、この日に何かを始めると達成率が高まります。とくに、学業や仕事、創作や表現活動を、ダイエットの開始などにこの日を使うとパワーが発揮され成就します。積み重ねてきたことや取り組んできたことの努力が実り、成果としてあらわれる日。ここ一番というときの実力を発揮するチャンスでもあるので、大胆なチャレンジや思い切った決断があなたを成功へと導く日となります
※但し、魔のウィーク「成」の日は、不吉な運気を引き寄せてしまうので注意が必要。慎重な行動が必要。

【宿曜占星術:凌犯期間の成は、目まぐるしい変化が訪れる日】
・宿曜占星術の凌犯期間(七曜凌逼)の成は、自分を取り巻く状況が目まぐるしく変わり、判断を鈍らせ、金運を落とすとされる日。
・おすすめの過ごし方:慣れていることも、新鮮な気持ちで取り組むと間違いを犯さない。
・注意が必要な事:大きい買い物や投資は避けるべき。自分の判断を過信すると痛手を受けることも。

「壊」の日 恋愛×

大凶運、破壊、欲望、崩壊、失望、落胆、衝撃、波乱、激動、修羅場、頓挫、妨害、抑圧、闘争、現実問題、持病、けじめ、愛憎、水面下、リセット、裏目にでやすい、受け身に徹する、止める、断捨離

波瀾含みのセンセーショナルが多い年です。仕事・人間関係・ライフスタイルなどで災いが入りやすく、なかなか思うようにならないかも。試練や苦難、逆境が舞い込み、辛抱や我慢強さが強要されるでしょう。この年は、自分のことより他人や周囲のことを考えて謙虚な姿勢を心がけること。しかし、「壊」の年だからといって、自暴自棄に陥る必要はありません。断行・捨行・離行といった、断捨離をこころがけ、要らないもの、廃れたものは処分して、新境地開拓のための準備に傾注することが望ましいです。そして極力、新しいことを始めないほうが得策。また、「壊」の年で鍛えた心は強靭な精神力となり、ネクストステップの成長の糧となるでしょう。

壊の月
困難な問題が表面化する時期。人間関係でトラブルの暗示があり、我が出やすくなっているので、相手を理解し相手の立場に立った行動を心がけることが大切。いつも以上に相手の気持ちを考えて行動し、受身に徹すること。ものごとが裏目裏目に出てしまい、精神ストレスやダメージを感じることも多いでしょう。災難回避として、負の感情やエネルギーを手ばなし、浄化させましょう。この月は精神面でも現実面でもデットクス期間と心得て不要なものを処分したり、きちんと整理整頓を心がけ、再構築することが大切です。

壊の日
破壊日。注意が必要な日です。
破壊が伴う日であるため、物事を始めるには向いていません
災難が多く破壊を意味する凶運の日です。その破壊のエネルギーは本人の望まない不本意な形でやってくることが多いので、極力何かを始めるのは避けること。破壊作用が働いてしまう日なので、いつになく強気になり、傲慢な自己主張が原因で周囲を振りまわしてしまうことも。挑発的な態度にでれば、それが原因で大きなトラブルを招くことに。災難回避のコツはすべてにおいて受身に徹することが大切です。また、ガレージや押し入れの整理、溜まった雑誌や本の処分、不用な電話番号やメールアドレスなどを削除するにも最適な日です。
※但し、魔のウィーク「壊」の日は、破壊運が増幅するので要注意です。

壊の年についてですが、これは普段の年に比べ、イライラしやすくなったり、イライラの原因になる出来事が増える、ということを意味しています。
例えるなら『イライラ度合い』や『イライラ事案』が『平年の2割増し』…といったところ。

壊の月ですが、年の運気よりも少し強めに、望まない事柄が頻発し、反対や反論を呼び込むような流れが起きやすくなるので、一層イライラムカムカが強まります。
更に壊が日運で回ってくると、『こんなはずじゃなかった、どうしてこうなるの、勘弁してくださいよ』といった感じで、様々な事柄が自分の気持ちを揺さぶる力が、断然強くなります。」

壊の時には、言動が粗暴になりやすい、発想がネガティブになりやすいという特徴があります。
その際、元々毒舌を持っている井宿、底宿、室宿や、星宿、尾宿、婁宿などは、毒舌をこじらせて失敗する傾向が強まります。
頑固な参宿、亢宿、危宿については、頑固をこじらせて聞く耳を持たなくなり、優柔不断な鬼宿、房宿、壁宿は決断ができなくなって苦悶が深まります。柳宿、心宿、奎宿は、一途で熱心な面が悪く出やすく、人を激しくけなしたり、凄まじい執着を見せたりします。また 張宿、箕宿、胃宿は、ガキ大将的な面が強まるとイジメっ子みたいになったり。普段隠している不安感が強まると依存的になります。各々の宿の欠点や弱点が出てきやすくなるので、運気としては同じくらいのダメージでも、表れ方は変わってきます」

【宿曜占星術:凌犯期間の壊は、不安と苛立ちに支配される日】
・宿曜占星術の凌犯期間(七曜凌逼)の壊は、気持ちが落ち着かず、不安な感情と苛立ちに心が振り回される日になる。
・おすすめの過ごし方:心を落ち着かせてくれる音楽を聴いたり、香を焚くなどしてリラックスを心がける。
・注意が必要な事:マイナスの感情を持ちながらでは、何ごとも上手くいかないので、受け身の姿勢でいること。

「友」の日 恋愛

プライベート・交友・人脈拡大・魅力・コミュ力・視野・ネットワーク・感性・情報交換・支援・イメチェン・想像力・賛同者・好奇心

対人運・恋愛運・レジャー運、共に上昇する幸運期です。人との結びつきが生まれやすい時期であり、人気運も上昇時期なので、積極的に出会いのフィールドを広げることを心がけましょう。また、コミュニケーション運が最高の年であり、周囲の協力や助けを得られやすい時期なので、何事もアクティブに動くことで上昇ムードの年になります。

友の月
人やモノに恵まれ、人気運・コミュニケーション運が上昇する月です。
出会いも多く、有意義な時間が共有できます。
笑顔が開運のカギとなり、周囲に笑顔を振りまいて好影響を与えることで運気もアップします。
また、何かにチャレンジすれば、興味の幅が広がり才能が開花します。

友の日
人と会う日に向いていて、人間関係が広がりやすい日でしょう
コミュニケーション・レジャー・恋愛運が上昇する大吉日。良い人間関係に恵まれて、気持ちも明るく、前向きでいられるので穏やかに過ごすことができる日です。幸運を授かる日でもあり、この日に出会ったモノや人は、のちに良縁となる可能性があるでしょう。人を介してラッキーが舞い込む暗示も。ありのままの自分の良さを出し切っていくことで運気上昇になるでしょう。ファッションやヘアメイクなどのイメージチェンジにも最高の日です。

【宿曜占星術:凌犯期間の友は、普段できることができなくなる日】
宿曜占星術の凌犯期間(七曜凌逼)の栄は、普段はうまくいくことも、なぜかしっくりこなくなるので、リフレッシュが必要。
・おすすめの過ごし方:パワースポットに行ったり、ヨガをするなど自分によい気を入れると運気も上がる。
・注意が必要な事:プライベートなことはとくに上手くいかないので、友人や恋人とは少し距離を置く日にする。

「親」の日 恋愛

恋愛運上昇・親愛・親睦・趣味・絆・協力者・サポーター・終結・束ねる・関係性を深める・コネクション・恩恵・直感・触発。モテ期・喜び・感情・交友・表現活動・作品・紹介・一躍脚光・プライベート運

出会い運・恋愛運・レジャー運も上昇する年です。積極的に交流の場に出向けば、交友関係の発展が期待できます。新しい人間関係が広がる年なので、同じ志や共通の趣味を持つ人と共に行動しましょう。そうすれば、発想の転換やアイデアの閃きを感じ、新しい感動や喜びが共有できて有意義な一年となるでしょう。また、目指す目標を達成するために、この年に、何をすべきか長期的な見地で考え、魂がワクワクするような行動を開始するのに相応しい年です。

親の月

人間関係が円滑に運ぶ幸運期です。
自分の気持ちに素直になれるときでもあり、心のおもむくままに行動すれば、注目度が高まります。
苦手だった相手に積極的な働きかけをすることで、険悪な関係も好転します。
好感をもつ相手には積極的に連絡を取って絆を深めていきましょう。
友人からの誘いやイベントは幸運をもたらしてくれるので進んで参加をしてください。
また、この時期に育てた愛の芽は、やがて結婚・人脈作りへと花開く可能性があります。

親の日
「近しい人との絆を深められるような日でしょう
友」の日と同じく、コミュニケーション・レジャーは上昇し、とくに恋愛運は大吉日。気持ちも前向きになる日なので、よい人間関係が信頼の輪になり、ここで出会った人とは親密な関係に展開するでしょう。また、幸運を授かる日でもあり、関心ごとなどの興味や好奇心をもつことで運気はさらに上昇します。仲の良いお友達や彼(彼女)とショッピングや映画、そして、美味しい料理に舌つづみを打てば親密度はより深まります。


運気の波は急上昇。出会いのチャンスも多く、充実した日となる。
「親」の日は「親友、親愛」を意味します。
「友」の日と同じ意味があり、人間関係を作るには、とても良い日です。
友人と親密になりたい、親しい人と会うのには、絶好の年であり、友達から恋人へとステップアップ、そんな時期には最適な日なのです。
仕事面でも才能が開花し、物事が順調に進む兆し。たとえトラブルが起きても幸運の波で跳ね除けてしまいます。
この日は、実力以上の力が発揮でき、今後に向けた正確な目標を持ち、動き出すのが良い。
目標や志を持つ事で、さらに運気は上がる。
気力も体力も十分にあり、有意義な時間を過ごす事ができる。
「親」の日に大事なのは、今何をすべきか考え、これまでを精査し、視野を広げ、何事も未来志向で進める事だ。

【宿曜占星術:凌犯期間の親は、人間関係に亀裂が入る日】
・宿曜占星術の凌犯期間(七曜凌逼)の親は、自分の言葉や態度がきっかけで、大切な人との縁が切れる可能性があるといわれる日。
・おすすめの過ごし方:身の回りに起こったことを受け身で対応し、能動的な行動は避けた方がよい。
・注意が必要な事:決断が求められること全般は、この日におこなわない方がいい。

日運を見る3つのサイクル

日運を見る3サイクルとはどういったものなのでしょうか。詳しくご紹介しましょう。

活動期(現世のサイクル)

3つのサイクルの内の一つめは、活動期(現世のサイクル)です。活動期は9日間あり、その間は何事もうまく進むので、何かを始めるのに良い日とされています。

9日間のサイクルは命→栄→衰→安→危→成→壊→友→親です。

魔のウィーク(前世のサイクル)

3つのサイクルの内の二つめは、魔のウィーク(前世のサイクル)です。魔のウィークは7日の1週間で、揉め事が起こりやすく波乱の期間となります。この期間中に起こるトラブルは前世から蓄積していた負が原因といわれます。

「魔のウィーク」とはカレンダーでは業と書かれてる日が「魔のウィーク」の初日になる日です。
カルマという意味合いの日であり、今まで面倒で避けてきたこと、先延ばしにしてきたことなどがあなたに突き刺さるそんな日とされています。
「魔のウィーク」だからこんなことが起こったんだ!と思ってしまっては、そこで思考は止まってしまいます。
受け止め方を変えて、今それを克服しよう!と意気込んで行動していくことができると、カルマを解消し、明るい未来を作っていくことができるようになります。
そう考えていくと、「魔のウィーク」とは試練を与えてくれる、そして試練を克服した先にご褒美をくれるそんな存在であり、決して悪い日とは断言できない日なのです。

「魔のウィーク」とはどの「宿」にも1か月に1度は必ず巡ってくる
物事がスムーズに運びにくくなる7日間をいいます。

この時期は普段起こらないようなトラブルが起きやすかったり、
自分のパワーが低下したり、体調を崩しやすかったりする期間になります。

自分の「宿」で「魔のウィーク」がいつなのか
あらかじめわかっていれば、自分のスケジュールを立てる時にも
も役立ちます。

「魔のウィーク」を上手く乗り切るための5つの全体的なポイント

①いつもの調子でいると
「イライラ」や「ストレス」が溜まりやすいので、今は「デトックス期間」だと割り切って過ごす。

②この期間に大切な事を決めたり、何かを始めたり、強引に何かを動かそうとしないと!
人間関係も自己主張しすぎず、なるべく「受け身」で過ごす。

③トラブルやアクシデントを回避するために普段より、少し慎重に行動することが大切。

④「魔のウィーク」には断捨離や片付けを意識してする。

⑤この期間中は「心身のデトックス」に集中する。

(心と体のメンテナンスをしたり、心身共にゆったりと余裕をもって過ごす)

以上を心掛けるようにすれば、スムーズにこの期間を乗り切れます。

「魔のウィーク」を必要以上に嫌がったり恐れることはありません。
「魔のウィーク」は私は「自分を緩める」ことを意識して過ごしましょう。

・仕事休みの日にする

・だらだらとSNSを見ない日にする

・自分だけのお楽しみを増やす

・カイロプラクティックに行く日にする

・普段できないことをゆったりとしてみる

・自分を見つめ直す時間を作る

・今目の前にあることを淡々とする

上記のように過ごしていると

「自分を緩めて、優しくする」ことに繋がっていきます。



7日間のサイクルは業→栄→衰→安→危→成→壊です。

転換期(来世のサイクル)

3つめのサイクルの内の三つ目は、転換期(来世のサイクル)です。転換期は11日間で、物事の準備に適した期間です。この期間に物事の種まきや軌道修正をすると、次の活動期で物事がスムーズに進みます。

う。

フォローお願いします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

前の記事

宿曜 宿の説明